<< 文楽「二人禿」「中将姫雪責」@2008.02国立小劇場 | main | 【スクラップ】『語り』で10年ぶり表舞台 澤村 藤十郎 女形復帰への力強い第一歩 >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
writeNAO
文楽「義経千本桜」@2008.02国立小劇場
二部に引き続いて三部観劇。
「義経千本桜」は平成中村座風に言えば、忠信編という感じでしょうか。
伏見稲荷、吉野山、四の切。

伏見稲荷は駿河次郎の鎧が水色で綺麗でした。あまり見ないタイプなので、興味津々。
(実は立役の衣装ってあまり興味がないのですが(地味だし)、鎧兜は細かいところにお洒落がきいていて、見ていて楽しいのですよね)

文楽の「吉野山」はかなり面白い!
まずなんと言っても、三味線が一目ぼれした清治さんだったというのもあるのですが、静御前が大活躍で、屋島戦物語を忠信と二人で踊ったりと、見所満載。
まだまだ文楽は見はじめでよくわからないことが多いのですが、自分の中で人形遣いの方の存在を感じないお人形が好きなので、今回の静御前は理想にかなり近かったので満足しました。
お人形の踊りは消化不良を起こすところがあるというのは二部のところにも書いたのですが、物語性の強い踊りだとまた受ける印象が違うものですね。思った以上に面白く観られました。
それになんといっても三味線が素晴らしくて、太棹の迫力を体感できるのも楽しいです。
その反動かもしれませんが、太夫さんたちはちょっと物足りなく感じたというのが本音でしょうか。

忠信はちょっと・・・人形遣いさんが目立ちすぎるかなぁ、と。澤瀉屋型の文楽バージョンという感じです。
ここはきっと好みの問題で意見が分かれるのではないかなぁと思いました。
もともとの文楽の四の切もあんなにケレンたっぷりなのかよくわかりませんけれど・・・文楽でもこういうことをするのねという発見と、ケレンに目を奪われて本質的なところが見えにくくなってしまうという難点と、私の中では後者が少し先行しているように感じました。
人形遣いの方の気配を感じない、でもそれでいてその方の個性を感じられるというのが理想的と先にも書いていますが、どちらかというと対極に存在する狐忠信ですから、余計にそこに眼が行ってしまうというのもあったかと思います。
気にはなったのですが、狐忠信の孤独とか親思いの優しい気持ちというのは、押さえた動きの時にきちんと表現されていたように感じました。
それから、義太夫では狐の台詞回しになったときの「かっ」という声が気になりました・・・あまり綺麗ではないですし、そんなことしなくてもきちんと節回しだけで狐だと伝わるのに、と個人的にはちょっと不快に感じてしまいました。
それにしてもあの動き・・・思い出してもなかなか大迫力でした。

TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 16 文楽*落語etc | comments(0) | trackbacks(0)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://naochannel.jugem.cc/trackback/1051
Trackback

Recommended