<< 「恋する妊婦」@2008.02シアターコクーン | main | DVD 聴いて感じる原典「平家物語」 >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
writeNAO
【スクラップ】下北沢の短編映画館で「超長編」を上映−「歌舞伎役者 片岡仁左衛門」
「下北沢経済新聞」なるものがあるそうですね。
Yahoo!のニュースではじめて知りました。
2/8に詳細エントリー済みですが、タイトルが面白かったのと、上映スケジュールをすっかり忘れてしまっていたので、ほぼ自分メモ的なご紹介。

下北沢経済新聞より
下北沢の短編映画館で「超長編」を上映−「歌舞伎役者 片岡仁左衛門」
下北沢南口の短編映画館「トリウッド」(世田谷区代沢5、TEL 03-3414-0433)は3月8日より、上方歌舞伎の継承者として名高い十三代目片岡仁左衛門さんの姿を記録した映画「歌舞伎役者 片岡仁左衛門」を上映する。
(中略)
若手の短編映画を専門に上映している同館が今回、同長編作品を上映するに至った経緯について、代表の大槻さんは「この映画館を開いた当時、短編映画が面白くても『短いから』という理由で普通の映画館で上映されにくいという現実があった。小説や音楽CDに短編・長編、シングル・アルバムがあるように、短編映画を短編映画として楽しめるようになればと場を提供した。この作品もとても面白いのに『長い』という理由で上映される機会が少なくもったいないと思った」と話している。

 上映作品は、若鮎の巻、人と芸の巻(上・中・下)、孫右衛門の巻、登仙の巻の全6巻。上映時間は12時30分、14時30分、16時30分、20時。6巻を日替わりで上映する(火曜定休)。日曜・月曜・水曜の14時30分の回は14時25分に、16時30分の回は16時に変更上映。料金は1作品=1,300円、3作品=3,000円。3月28日まで。


上映スケジュール詳細はコチラをご参照ください。



「伝承のダンディズム」という言葉がカッコいいですよね。イメージ的にも、仁左衛門さんにとてもよく合う言葉だと思います。
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 12 スクラップ | comments(0) | trackbacks(0)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://naochannel.jugem.cc/trackback/1054
Trackback

Recommended