<< 【スクラップ】平成中村座 ベルリン公演 | main | 2008年 坂東玉三郎八千代座舞踊公演 >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
writeNAO
【スクラップ】6月新派120周年公演
劇団新派の120周年記念として、この一年間の上演スケジュールは既に発表されていますが、6月の演舞場公演がメインイベントなのではないでしょうか。

こんな記事を見つけました。
スポーツ報知より
勘三郎が舟木一夫が藤山直美が毎日サプライズ出演…6月新派120周年公演

今年120年を迎えた新派の「6月新派公演」(東京・新橋演舞場、6月6〜29日)の夜の部「鹿鳴館」(作・三島由紀夫、演出・戌井市郎)に、各界から毎日日替わりでゲストが登場することになった。ゲストは劇中外での出演で、歌舞伎界からは中村勘三郎(52)、歌手の舟木一夫(63)、女優の藤山直美(49)ら座長クラスが次々に駆けつけ、節目の舞台に花を添える。
(中略)
そんな中、120年をお祝いしようと「鹿鳴館」に日替わりゲストが参加する。新派にゆかりの深い顔ぶれを中心に、毎日サプライズ的に舞台に登場。公演を盛り上げる。現在、27人が決定しており登場のタイミングなどは検討中。今後さらに参加者が増える可能性もあるという。

 久里子の弟・勘三郎は先代の父・17代目から新派になじみ深く、最近では01年「人情馬鹿者語」に出演。現在、ベルリンでの歌舞伎公演の最中で、6月は東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで凱旋公演中だが、合間をぬって駆けつける。

 歌舞伎界からはほかにも中村雀右衛門(87)、中村富十郎(78)、坂田藤十郎(76)の人間国宝も参加。歌謡界代表の舟木、久里子とは公私に親しい直美など大物座長クラスがステージに上がる。芝居だけでなく、日替わりの豪華ゲストのやりとりも観客を大いに沸かせてくれそうだ。


誰が、どこに、どんな役で登場するか、とても楽しみですね。
贔屓の日にあたるといいですけど…

(「鹿鳴館」のポスターが個人的には印象的…)
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 12 スクラップ | comments(0) | trackbacks(0)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://naochannel.jugem.cc/trackback/1103
Trackback

Recommended