<< 本日は | main | 今日はコクーンです >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
writeNAO
「菅原」「達陀」「五人男」@2008.06博多座・夜の部
博多座は夜の部のみの観劇です。
(本当は昼の「対面」を幕見したかったのですが、しそびれまして・・・)

「加茂堤」
てっきり「車引」だと勝手に思い込んでいたので、「加茂堤」でびっくりしたのですが、「賀の祝」をやるならこちらのほうが自然ですよね。
とにかく八重と桜丸がかわいくてかわいくて・・・
梅枝の苅屋姫は、ちょっとお化粧が淋しげにみえました。

「賀の祝」
松王と梅王が大きい・・・子供っぽさが出ていて、とても結構でしたが、翫雀も松緑もちょっとお相撲さんみたいに見えましたね。
以前、歌舞伎座で「賀の祝」がかかったときに、時蔵が桜丸をしていたのですが、この方はやはり女形ですよね・・・八重が本当によかったです。なんだか最近立役が多いのよね〜と思っていたので(先月の赤星はよかったけど、今月の昼の部もまた忠七だったし)、八重も観たかった役の一つだったので、満足。

「達陀」
最後の10分に行き着くまでが、舞台が暗いのでちょっと睡魔と戦い気味になりそうなのですが、これが意外と飽きないのが不思議な踊り。
菊五郎の集慶は、少しお顔が細くなられて精悍な感じがしました。
群舞のところは、淡々と踊る人と、タイミングを周囲と合わせながら踊る人とでそれぞれなんですね。淡々と、しかし確実に踊られている秀調と、ここでも燃えているかのような團蔵がとても印象的でした。

「五人男」
久しぶりに菊之助の弁天を観たような気がしますが、うまくなりました。とくに浜松屋で見顕してからが、あざとさがなくて自然に運んでいるという印象。
知らざぁいって〜もあまり高くうたいすぎず、しかしさらっと流れるわけでもない、ちょうどいい台詞で、聴いていて心地よかったです。
松緑の南郷も同様。この二人はいいコンビになってきましたね。これから上演機会もまだまだたくさんあるでしょうから、時間の経過とともに変わっていく二人を観るのも楽しみになってきました。
あと、権十郎の鳶頭がやっぱりすっきり爽やかな、でも血の気の多い江戸っ子で、きっと頭ってこんな感じだったのだろうなぁと思わせられました。

勢揃いは、團蔵、菊之助がちょっとうたいすぎているように感じました。
反対に、亀三郎、梅枝、松緑はさらっと。
梅枝の赤星は期待していたのですが・・・赤星の台詞が一番難しいといわれるだけあって、ハードルが高いのだなぁとつくづく実感。
どの声で行くかというのもまだきちっと定まっていない感じもしましたし、台詞回しももうちょっと。先月お父様がなさっていてとても素敵だったので、自然に期待値が上がってしまうのは観る側の勝手で本当に申し訳ないですけれど、この世代でやる時は赤星は梅枝に、と言われるぐらいまで、一ヶ月の間に頑張っていただきたいです。
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 01 感想など | comments(2) | trackbacks(2)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
蘭鋳郎 :
2008/06/09 7:11 PM
NAOさま

博多座の観劇レポート、まるで自分も見ているかのように感じられました。ありがとうございます。
夜の部はほどの良い演目が並んで結構でしたね。
最近梅枝君がメキメキと腕を上げてきて、楽しみな若女形になってきましたね。

TOPへ
NAO :
2008/06/11 1:42 PM
◇蘭鋳郎さま

なんか色々書きたかったのですが、博多の夜をのんびりと過ごしてしまったせいか、忘れてしまいました・・・すみません。
若手の活躍は、成長を見守る楽しさもありますね。
やっとそれに気がつき始めました・・・私も年をとったということでしょうか(苦笑)

TOPへ
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://naochannel.jugem.cc/trackback/1124
Trackback
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- (^ー゚)ノ 2009/03/25 1:54 PM | TOPへ
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- (^ー゚)ノ 2009/08/23 2:33 AM | TOPへ

Recommended