<< 「新薄雪物語」「俄獅子」@2008.06歌舞伎座・昼の部 | main | 【スクラップ】NINAGAWA十二夜ロンドンで上演 >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
writeNAO
「夏祭」初日雑感@2008.06シアターコクーン
歌舞伎の場合、どうしても同じ演目を何度もみることが多いです。
それは俳優が違ったり、また同じ人が違う座組でやったり、全く同じ配役だったりそれぞれなんですけれど、なるべく先入観を持たないで観ようといつも思っています。

コクーン歌舞伎「夏祭浪花鑑」は、平成中村座も含めて、串田演出で何度も練り直されて上演されてきました。
同じところもあり、違うところもあり、また俳優のそのときの解釈や気持ち一つでがらっと違うものになります。
そして、期待に違わず、同じものでありながら新しいもののように感じました。

印象に残ったのは序幕の爽やかでありつつどこかしら曖昧な蒼い空。

今回注目したのは「音」についてでした。
大太鼓としてゲストに上田氏が入ったことで、全体の幅とか深さが増したように感じます。
もちろん、ゲスト氏も大活躍だったのですが、それ以上に笛方さんと附け打ちさんの活躍が印象に残りました。
大太鼓が入っている、という話が出た時、附けが大太鼓に消されてしまうのではないかと危惧していたのですが、太鼓と笛の間をとった音で、またそれが妙に浮くことなく重厚感をもった音になっていて、アンサンブルとしてとても効果的だったと思います。特に音としては、大詰の音がやはりよかったと思います。

お芝居のほうは、全体的に‘磯之丞がどうしてそこまで大切か’というのが今まで以上に明確に表されていたと思います。芝のぶの磯之丞も、特に何もしないのですが、存在感とか大きさが以前より出ていたように感じました。
今の時代ではちょっとわかりにくい義という文字なのかもしれませんが、全員の意識が磯之丞へ向かっている、それゆえ起こってしまった出来事と、それでも自分の身以上に他人を思いやる心が浮き彫りになっていました。
特に、磯之丞を守らなければいけないが故に逃げられない団七、その団七を何とかして助けたい徳兵衛とお梶。
「悪い人でも舅は親・・・」と、徳兵衛の「俺の心も水の泡」という言葉にとてもグッときてしまいました。

それから、初役の勘太郎のお辰。今まで何気なく見ていたけれど、どの程度強さを前面に出すかという匙加減が難しい役なのだなぁと思いました。
一言で言えば、勘三郎と福助を足して2で割ったようなイメージでしょうか。三婦と対峙するときよりも、焼き鏝を顔にあてた後の「これでも色気がござんすか」がグッと身に迫ってきました。前半部分はもう一度観る機会があるので、次回に期待したいです。
あと細かいところで印象に残ったのは、徳兵衛がお梶になんちゃって色仕掛けでせまるところの、お梶の表情がとても色っぽかったことでしょうか・・・(ついでに、団七内のお梶の衣装がとても好みです)。
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 01 感想など | comments(0) | trackbacks(0)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://naochannel.jugem.cc/trackback/1129
Trackback

Recommended