<< 「二人三番叟」「夏祭浪花鑑」@2006.05新橋演舞場・昼の部 | main | いまさら成分分析をしてみる >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
writeNAO
Home Theater8「夢・Revues!」
宝塚歌劇団の公演の中で,平成元年〜8年の,一つのショーから一場面とったダイジェストDVD.
ショー作家別の特集を組んでいるため,時系列ではないのでときどき年代がゴチャゴチャになってしまうのですが.

特典映像とやらで植田紳爾(宝塚歌劇団理事長・演出家)と真矢みき・真琴つばさ・轟悠・麻路さきによる座談会を収録してあります.この姿を見ると・・・服装やお化粧にちょっと時代を感じますねぇ.

■植田紳爾作品「TAKARAZUKA・オーレ!」「宝寿頌」
■横澤英雄作品「ザ・ゲーム」「ザ・モダーン」「イッツ・ア・ラブ・ストーリー」
■小原弘稔作品「宝塚レビュー’90」「ザ・フラッシュ!」
■酒井澄夫作品「春の踊り−恋の花歌舞伎−」「パラダイス・トロピカーナ」「花幻抄」「ワンナイト・ミラージュ」
■岡田敬二作品「ル・ポァゾン 愛の媚薬」「夢・フラグランス」「ダンディズム!」
■草野旦「ジダン・デ・ジタン−夢狩人−」「ジーザス・ディアマンテ−夢の王の夢−」「ジャンクション24」「マンハッタン不夜城−王様の休日−」
■村上信夫作品「レッド・ホット・ラブ」「ラ・ノーバ!」「ジャンプ・オリエント!」
■三木章雄作品「ファンシー・タッチ」「ミリオン・ドリームズ」「パッション・ブルー」
■中村暁作品「サジタリウス」「ハイペリオン」
■石田昌也作品「ブレイク・ザ・ボーダー!」「TAKE OFF」「ハイパー・ステージ!」「ジュビレーション!」


この中で客席で見たのは
「ザ・フラッシュ!」
「ル・ポァゾン 愛の媚薬」
「ジャンクション24」
「ファンシー・タッチ」
「ハイパー・ステージ!」
「ダンディズム」
「マンハッタン不夜城−王様の休日−」のみですね・・・
「TAKARAZUKA・オーレ!」(月組)
→いくら当時サッカーがブームだったからって・・・どうなの?本当にちょっとありえないことをやりますよね,理事長って・・・

「ザ・ゲーム」(花組)
→トップの大浦みずきをが歌い,下級生が踊るという当時としては画期的な?起用だった場面と聞いています.照明が暗くてよくわからないのですが.

「宝塚レビュー’90」(星組)
→時代を感じるとはいえ,歌い継ぎシーンが多かったり,小原先生は古典的で好きです.これも結構ビデオで観ましたね.

「ザ・フラッシュ!」(花組)
→とりあげられているのはプロローグなんですが,このショーはなんといってもリンダ・ヘーバーマン振付のJAZZの場面,もうそれはそれはカッコいいことこの上ないです.東京の千秋楽では中詰の一つ前の場面にも関らず,拍手が鳴り止まずにもう一度ライトがついたのですよね.

「ワンナイト・ミラージュ」(星組)
→衣装も構成も曲も今までどおりの定法なのですが,それがしっくりきてしまうよさがある鏡の間のシーン.
今回とりあげられたのものではこの作品しかピンとこなかったのですが,酒井先生も古典的なよさがありますね.
古典的なよさって一歩間違うと,飽きてしまうのですが.

「ル・ポァゾン 愛の媚薬」(月組)
→数あるロマンティック・レビュー作品集のなかでも,1,2を争う傑作といえると思います.

「ダンディズム!」(花組)
→プロローグだけ観るととてもモダンなショーを想像するのですが,中詰はキャリオカだったり,そこはやはり岡田先生.でもトップの真矢みきの個性を考えると,普通のロマンティック・レビューでは合わなかったと思いますが.

「ジタン・デ・ジタン-夢狩人-」(花組)
→なつめさんトップ時代にしては珍しくラテン系のショーだったように記憶しています,といっても生では観ていないのですが.

「ジーザス・ディアマンテ−夢の王の夢−」(星組)
→シメ・シギといえばコーイヌールは伝説かも.このショーはビデオで観たのですが,本物の真珠のマントを使っていたことと,ノルさんが女装していたこと,そしてコーイヌールとこの3つしか記憶にありません.
ネッシーさんとシギさんより,シメさんとシギさんのコンビのほうが好きだったな〜と回想・・・

「ジャンクション24」(花組)
→大浦みずき退団公演.プロローグかっこよかった!あと,ラストの大階段のダンスも.峰丘奈知さんが歌っていた歌が印象的.

「マンハッタン不夜城−王様の休日−」(月組)
→(Home Theater5 参照)

「TAKE OFF」(雪組)
→石田先生の‘近未来系ショー’第一弾?衣装にミラーがついているのを当時散々ネタにして笑っていた記憶があります(笑)

「ハイパー・ステージ」(花組)
→‘近未来ショー’第二弾.でも近未来なのはプロローグだけ.そしてインカムをつけ,衣裳にはミラー.
トップ娘役の森奈みはるさんの使われ方が気に入らないことこの上なかった印象しかありません・・・

「ジュビレーション!」(星組)
→‘近未来ショー’第三弾にして集大成!?定法どおり?インカムとミラーつき衣裳は必需品.
いや〜とにかく,この3作品,プロローグの振り付けも結構笑えた(失礼!)でも,内容的にはこの「ジュビレーション」のみが充実していましたね.
これだけ散々ネタ扱いしていますが,じつはこのショーは結構好きで,家で友人とよくビデオを見ていましたっけ.


こうやってみると,きちんと客席で見たものより,ビデオで見るほうが何度かみるせいか記憶に残っていたりするんですよね・・・しかも,たいていプロローグはそのショーの顔になるので(プロローグ以外がダメなことも多々ある気がします),余計にインパクトが強いのかもしれませんね.
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 18 Home Theater | comments(10) | trackbacks(0)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
rika
2006/05/16 8:37 AM
NAOさん、こんにちは。

この時代はほとんど劇場に行っていない時なんですけど、ナツメさん時代の「ザ・ゲーム」「ザ・フラッシュ!」「ジタン・デ・ジタン」はもう映像で何度も何度も見ました。
「ザ・フラッシュ!」はプロローグも大好きです。映像ではみんなが銀橋を歌い継いでいるところが大きく写っていますが、ナツメさんファンの友人に言わせるとあの場面の本舞台のダンスもめっちゃカッコいいらしいですね。
それになんといってもルコさんの退団公演でしたので「ルコさ〜〜ん(T_T)」とあの素敵な歌声に聞き惚れていました。
今では考えられないほど汚い映像なんですけど、見たくなるんですよ〜今でも。

TOPへ
sarara :
2006/05/16 12:43 PM
こんにちは。

タイトルを見ただけで、頭の中にメロディが蘇るものもあって
懐かしいです。
この前のスマステも食い入るように見てしまいました。懐かしい。
高校から20代の前半は宝塚に浸かってました〜。
私が劇場で観たのは。。。地公で
「ル・ポァゾン 愛の媚薬」「ジャンクション24」
「レッド・ホット・ラブ」
大劇場では。。。「サジタリウス」「TAKE OFF」
ですかねぇ。
他はTVで見てるのもいくつかあります。
地公で観たのかTVだったか記憶がごっちゃになってたり。
いやいやー、ショーだけってちょっと魅力ですね。

TOPへ
NAO
2006/05/16 4:14 PM
◇rikaさま◇

ナツメさん時代のショーは,本当にみていて楽しいですよね,大人の雰囲気が満載で,ガンガン踊って!歌って!という感じで.
最近,そういうタイプのものが少なくなってしまったような気がします・・・って,あまり観にいっていないのでえらそうにいえないのですが.

「ザ・フラッシュ!」のプロローグは男役は燕尾,女役は燕尾のダルマでシンプルな衣装なんですけど,かっこいいんですよね〜歌い継ぎでキャルさん・ソルーナさん・ミツヨさんが本舞台で歌っているときにナツメサンが踊っているんですが,これまたカッコいいんですよねー
あ〜なんか色々思い出してきた!歌詞まで思い出してきた!!(笑)←意味不明に大興奮(^_^;)
度重なる引越しで大事なビデオがどこかにいってしまったのだけが悔やまれます(涙)
ちなみにワタクシ,最初にファンになったのはナツメサンとルコさんでした.

TOPへ
NAO
2006/05/16 4:23 PM
◇sararaさま◇

テレビを殆ど見ないので,スマステも見ていないんですよね,ざんねーん!
昔見たものって,なんで懐かしくて楽しいんでしょうね.
きっと,ハマっていた頃に見たものって集中度も違うので,覚え方がぜんぜん違うんでしょうか?
「ル・ポアゾン」も好きでしたねー.
ワタクシ,宝塚はショーだけのほうがいいのですよ!
ショーの二本立てだったら,今でももしかしたら観にいっているかもしれません.

パリに旅行したときに,ムーランルージュのショーを観にいったんですけど,「宝塚のほうが豪華やん!」って思ってしまいました(笑)
まぁ劇場の規模もちがいますけどね・・・

TOPへ
NAO
2006/05/16 10:39 PM
ふとした疑問・・・

「レッド・ホット・ラブ」
の主題歌って♪ラーブ・マジーック ラーブ・マジーック 涙から希望〜♪っていうのでしたっけ??
(って,わかる方いらっしゃるかしら?)

TOPへ
誠 :
2006/05/16 11:51 PM
宝塚ネタだ宝塚ネタだ(センサー反応)


ほ〜〜楽しそうですねえ!!>そのDVD
なかなかステキングな作品が揃っておるではないですか。こうやって名作は人の心を魅了し続けて、記憶にも記録にも残っていくのが嬉しいですねえ(´∀`*)

私っぽい反応の仕方をすると、ワンミラの鏡は同じく大好きです!!
シメシギの方が私も好きでねえ・・・フヘフヘ。
石田ショーはなんだかんだ言って好きなんですけど特にこの2つはいいですよね(笑)笑えるプロローグにノリノリさ!!!(踊)

一歩間違うと「・・・」だけど、それでも張り切って古典的なものを作って欲しいなあと思います。宝塚らしいノリや展開、美しさはずっとあってくれなきゃーー!!うおーー!!!


というわけでそろそろ失礼します・・・!!ではまたっ!!
ヾ(゚ω゚)ノ゛

TOPへ
NAO
2006/05/17 7:04 AM
◇誠さま◇

ウフ,コメントくるかな〜とおもっていたのですが,ちょっと時代がずれているかしら,とおもったりもしておりましたが,
まぁシメさんネタは絡んでくるだろう,と(笑)

>>一歩間違うと「・・・」

たしかにねぇ!

TOPへ
かしまし娘
2006/05/17 1:45 PM
「マンハッタン不夜城」
ノンちゃんの事を好きになって、たったの数年なんで現役時代はノータッチなのです。
スカステでこれを観た時「違うトップに当てた作品でしょ!」と信じ込んでしまいました(笑)
仰け反り、仰け反りの連続〜。
「チェーザレ〜」観なかったら、私の頭の中にインプットされる久世星佳像は、全く違ったものになってたはず!

TOPへ
NAO
2006/05/18 9:35 AM
◇かしまし娘さま◇

たしかに!「マンハッタン〜」はえぇぇ?って感じでしたよね.
あのロング鬘は,実は次のチェーザレでロングの鬘だから,それになれるために選んだんですって!
でもたしかにノンちゃんが短い髪じゃ,渋い王様になってしまいますものねーくくく(笑)
「お披露目はみんなが楽しめる作品にして」って言ったら,楽しいのが出来上がったけど,絶対ノンちゃんてきにはオーバーワークなんでは?と思う作品でしたね.
あんなふざけた主題歌だけど,でも好き(笑)

TOPへ
「TAKARAZUKA・オーレ!」(月組)

確か、久世さんでしたね

鵐ーレオレオレ〜タカラヅカオレーーーーでしたよね

鵐襦Ε櫂.哨鵑海亮磴疑じて〜でしたっけ(^^;)
かなめちゃんが歌っていたかしら?

鵑△ 船献織鵝Ε如Ε献織鵝〔桓躾諭舛辰堂里Δ鵑世茲
 朝香 じゅんさんが歌上手いのよね!!

TAKE OFF 一路さんだよね
そうそぅ、鮎 ゆうきさんが娘役になってから発揮しました。

鵐瀬鵐妊ズムは花組らしい作品である。




懐かしい

一度、聴くと頭の中に張り巡らせます。



TOPへ
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://naochannel.jugem.cc/trackback/458
Trackback

Recommended