<< コスプレというわけではないけれど・・・ | main | 皐月のワタクシ >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
writeNAO
Home Theater9「夢・Revues供
宝塚歌劇団の平成9年〜15年の,一つのショーから一場面とったダイジェストDVD.
収録作品は月組「グランド・ベル・フォリー」から.
1について書いたから,2についても書こう,というただそれだけですが.

■平成9年「グランド・ベル・フォリー」「サザンクロス・レビュー」「ゴールデン・デイズ」「魅惑II−ネオ・エゴイスト!−」「レ・シェルバン」
■平成10年「LET’S JAZZ−踊る五線譜−」「シトラスの風」「スナイパー 恋の狙撃者」「ラヴィール」「ル・ボレロルージュ」
■平成11年(雪組)「ノバ・ボサ・ノバ−盗まれたカルナバル−」(月組)「ノバ・ボサ・ノバ−盗まれたカルナバル−」(宙組)「ザ・レビュー’99」(花組)「ザ・レビュー’99」「グレート・センチュリー−メモリーズ&メロディーズ」「華麗なる千拍子’99−高木史朗作品より−」
■平成12年「GLORIOUS!!−栄光の瞬間−」「BLUE・MOON・BLUE−月明かりの赤い花−」「ザ・ビューティーズ!」「美麗猫 ミラキャット」「デパートメント・ストア」「ミレニアム・チャレンジャー!」「Asian Sunrise」
■平成13年「夢は世界を翔けめぐる−THE WORLD HERITAGE 2001−」「パッサージュ−硝子の空の記憶−」「いますみれ花咲く」「ESP!!」「VIVA!」「ジャズマニア」「Rose Garden」「ダンシング・スピリット!」
■平成14年「Cocktail−カクテル−」「LUCKY STAR!」「On THE 5th ヴィレッジからハーレムまで」「ザ・ショーストッパー」「バビロン−浮遊する摩天楼−」
■平成15年「Joyful!!」「満天星大夜總会−THE STAR DUST PARTY−」「花の宝塚風土記−春の踊り−」「レビュー誕生−夢を創る仲間たち−」「レ・コラージュ−音のアラベスク−」「テンプテーション!−誘惑−」


こうやってみると.私が宝塚を見始めた頃の下級生がみんなトップになったんですねぇ.
平成15年に至っては,初宝塚観劇よりあとの初舞台生がトップになってしまっているわ・・・(涙)
ひねくれもののワタクシとしては?そこまで行ってしまうと思いっきり感慨が薄れてしまうというか・・・それにしても,おハナさまはずっとトップとして君臨していらしたのね,なんだか退団だなんてピンときません.

ショーはプロローグ・中詰などノリのいい場面が好きなので,観るところはおのずと決まってきてしまうのですが.客席で見たのは
「グランド・ベル・フォリー」
「シトラスの風」
「ザ・レビュー’99」(宙組)
「華麗なる千拍子’99−高木史朗作品より−」(←プロローグ以外記憶なし)
「GLORIOUS!!−栄光の瞬間−」(←主題歌以外記憶なし)
「ザ・ビューティーズ」
「Cocktail−カクテル−」
「LUCKY STAR!」(←プロローグと主題歌以外記憶なし)
「花の宝塚風土記−春の踊り−」
「グランド・ベル・フォリー」(月組・プロローグ)
→久世様トップ作品,ということで,何度観ても飽きません.歌も踊りもずば抜けてお得意,というわけではなかったはずなのに,なぜか「踊りながら歌わされる」ことがものすごく多かった気がします.

「ゴールデン・デイズ」(雪組・プロローグ)
→高嶺様退団公演.久世さんの同期にして三作トップのノンちゃんより短い,二作で退団されたのですよね・・・あのクサさが好きだったんですけど.結構踊れる人だったというのはトップになったときにわかりました.宝塚って,トップのカラーでショーの雰囲気がガラっとかわるのですよね(それまでは歌のイチロさん).

「シトラスの風」(宙組・ゴスペル)
→宙組結成・お披露目作品.記念ということで宝塚まで観にいきました.新大劇場に入ったのはこのときがはじめてでしたね.このシーンは好きでしたね.後でノリノリで踊るまゆさん(宙組初代組長)のカッコいいこと!

「スナイパー 恋の狙撃者」(花組・プロローグ)
→衣装にミラーっぽいのをつけて【近未来】を顕していた石田先生,今度は皮になったの?みたいな・・・(笑)時々「ギャグなの?」と思うときがあるのですよねぇ・・・

「華麗なる千拍子’99」(雪組・プロローグ)
→振り付けが・・・パラパラっぽい(笑)

「BLUE・MOON・BLUE−月明かりの赤い花−」(月組・中詰)
→蛇です,紫吹さんが蛇!斎藤先生の作品で,いままでの宝塚にはないタイプのショーで人気だったみたいですね.斎藤先生は独特の世界観があるらしく,人気らしい…

「ザ・ビューティーズ!」(花組・ジャズ)
→「かっこいいタモさん(愛華みれ)」というコンセプトのショーだったようです.確かに今までになく歌って踊ってる・・・でも,すぐ後で腰を落として踊っているチャーリーのカッコいいことこの上なし!!

「Asian Sunrise」(花組・プロローグ)
→岡田先生はこの辺からアジアン傾向に走り出したのですよね・・・たぶんロマンティックレビューがいい,という人のほうが多いと思うのですが.でもエイサーは高翔さんがちゃんとうつっているのでまぁよしとしましょう.娘役トップの大鳥れいさんの衣装と髪型がかわいいです.

「ジャズマニア」(月組・プロローグ)
→紫吹さんお披露目の東京公演.人数がもっと多かったらおもしろかったのに,と思うプロローグ構成.
トップの映美くららちゃんより,なぜ後の美原志帆さんが目立つんだろう・・・私,コモちゃんファンだったけど.

「Cocktail−カクテル−」(花組・プロローグ)
→史上初・一作トップのチャーリーさんのお披露目サヨナラ公演.ダンスの得意なチャーリーさん向けのショーにもかかわらず,ご本人が病気休演という涙涙のショーでした.
歌謡曲をふんだんに取り入れたという意味でも,珍しいタイプのショーでしたね.結構うまくはまっていて良かったと思います.
博多で春野さんバージョンも観たけれど,やはりこのショーはチャーリーのものよねっ!

「On THE 5th ヴィレッジからハーレムまで」(雪組)
→チャーリーさんに続き,ブンちゃんも一作で退団してしまいました.記者会見でもあったように,この二人の退団劇にはいろんな思惑が絡んでいるようで,はっきりいって美しくない話なので割愛.
まさか相手役の紺野まひるちゃんまで一緒にやめてしまうと思わなかったですね・・・

「バビロン−浮遊する摩天楼−」(星組)
→こちらはタータン退団公演.斎藤先生の独特な世界観が広がっていて幻想的なショーでした.白い鳩の場面ですが,カヨコさん(朝澄けい)もこれで退団だったのですよね.

「Joyful!!」(雪組・プロローグ)
→悔しいかな,主題歌が印象的で・・・耳に残ってます.プロローグ構成としてはどうということないし,コムさんって特に好きではないんですが.

「満天星大夜總会−THE STAR DUST PARTY−」(宙組)
→誰もが何を歌っているか殆どわからず・・・おハナさま,年々お歌が・・(以下自粛)


こうやって書き出すと,すごく好みがわかりやすい,というか・・・
贔屓が退団したあとも,花と月がすきなのかしら,みたいな印象をもちました.
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 18 Home Theater | comments(0) | trackbacks(0)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://naochannel.jugem.cc/trackback/459
Trackback

Recommended