<< 三月大歌舞伎 | main | 第十八回 近松座歌舞伎公演 >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
writeNAO
ゲキ×シネ
映画に殆ど興味がない…というより、あまり映画館が得意ではないので情報として今まで眼を引かなかったので気付かなかったのですが、映画館でダイナミックな映像で観る演劇=ゲキ×シネというのがあるそうです。
シネマ歌舞伎はこの流れからきているようですね。

ゲキ×シネHPより
広い空間・大きなスクリーンで演劇の映像を楽しむ、新しいエンターテインメントです。
今までは主に家庭向けのメディア(VHSやDVD、テレビ放送など)にて配信がされていた演劇の映像ですが、ゲキ×シネではこの製作過程を根本から見直し、よりダイナミックに、よりライブ感を増した形に進化させました。実際には、映画製作と同レベルの工程を経て撮影・製作そして上映が行われています。
その作品を初めて観る人には分かりやすく、生で舞台を観た人には別の新しい楽しみ方ができる映像作りを目指しています。

というものだそうです。
今までの上演は
2004年 髑髏城の七人〜アカドクロ
2005年 髑髏城の七人〜アオドクロ
2005年 SHIROH
2006年 メタルマクベス
とのこと。

とはいいながら、もう過去のものが見られないというわけではなく、今まで上映したもののまた見られるようになっているそうです。
せっかくのいい企画だと思いますし、公演観そびれた!とか、遠くていけなかった!という方もいらっしゃるでしょうから、もう少し更新頻度、上演回数があがるといいのですが…


TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 11 その他演劇・イベント案内 | comments(0) | trackbacks(0)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://naochannel.jugem.cc/trackback/722
Trackback

Recommended