<< 東京マラソン | main | 第五十回記念 日本舞踊協会公演 >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
writeNAO
文楽「摂州合邦辻」@2007.02国立劇場小劇場
一部の「奥州安達原」に続いて、二部も観劇してきました。
自分でも時々無茶なことをする傾向があると思うのですけれど、さすがに二つ通すと、ちょっと疲れますね…


2/17観劇
9列目上手寄り
摂州合邦辻
万代池の段

俊徳丸----豊竹松香大夫
浅香姫----竹本三輪大夫
入平------竹本始大夫
次郎丸----竹本貴大夫
参詣人----竹本希大夫
参詣人----竹本靖大夫
合邦------竹本英大夫

三味線----竹澤団七
ツレ------竹澤団吾

合邦庵室の段
中------竹本文字久大夫/鶴澤清志郎
切------竹本綱大夫/鶴澤清二郎
    竹本住大夫/野澤錦糸

高安俊徳丸---吉田清三郎
合邦道心-----吉田文吾
浅香姫-------吉田勘弥
奴入平-------吉田玉志
高安次郎丸---吉田和右
合邦女房-----桐竹紋豊
玉手御前-----吉田文雀

今度のお席は…床が近い。

似て非なるものとは分かっているのですが、やはり‘似て’る部分がある故に、無意識のうちに歌舞伎を引き合いに出して文楽を見てしまうところがあるのですよね。
歌舞伎だったらこんな近くに義太夫さんがいらしたらうひょうひょしてしまうところですが(笑)、文楽の方は殆どわからず…実は一部も同じだったのだけれど、筋書と舞台と床の三箇所を見比べながらの観劇となりました。
文楽は大夫さんが役割分担でコロコロ入れ替わるところもあるから、誰が誰だか分からなくなってきて、筋書きの後の写真を見たり前を見たり…新しい忙しさ(笑)。

歌舞伎だと合邦庵室しかかからないから、もともとはこういう流れだったのね〜というのがよくわかって面白かったです。
そして…赤姫だとばかり思っていた浅香姫の着付が鴇色!強烈にかわいい!!
その浅香姫を遣っていらした勘弥さんもとっても素敵でした。出すぎず、引きすぎず、お人形の浅香姫にそっと寄り添うようにして魂を吹き込んでいらっしゃるという感じがしました。
一部で観た勘十郎さんもそんな感じだったかな…
一方、玉手の文雀さんは、遣い手である自身も結構存在感を表しているように感じたのですが、玉手の見せ場になればすっと存在感を消されるという印象を持ちました。

合邦庵室は、人間国宝がもう一人、CDで馴染みのある住大夫さんのご出演。狭い小劇場、場内割れんばかりの拍手・・・すごいわぁ。
文楽の大夫さんって落語家に似ているところがあるような気がします。文楽も落語もぜんぜんわからないけれど、語りだけで一人で何役も演じ分け、その存在に命を吹き込むところが似ているなぁと漠然と思いました。
もちろん、文楽の場合は人形遣いとお三味線との共同作業ですけれど。
どれかひとつが突出していてもバランスは崩れるし、本当に総合芸術・アンサンブルなのだと改めて感じました。

ところで、また歌舞伎との違い的な話になってしまうのですが、合邦ってこんなだったっけ?と。
よく考えたら、玉手の見せ場が歌舞伎は長いのですよね。

それにしても…気持ちよくなってしまうのですよね、義太夫って。
劇場が涼しかったから(というより寒かった!)そちらのほうが気になって撃沈、というほどではなかったけれど、気を抜くとふわぁ〜っと意識が遠のいてしまいそうな瞬間が何度かありました。

長い一日でしたけれど、最後にちょっとしたオマケもあって、楽しかったです。
誘っていただき、ありがとうございます、感謝。


TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 16 文楽*落語etc | comments(2) | trackbacks(1)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
easyease
2007/02/21 11:27 AM
私もこの日一部&二部観ていました。
勘弥さんの遣うお姫様って素敵ですよね。私も好きです。
同じ人形なのに遣う人によっていろいろと違うんだな・・と
まだまだ未熟者なので毎回おどろかされています。


TOPへ
NAO :
2007/02/22 1:06 PM
■easyeaseさん

そうですね、お人形はなかなか奥が深いですよねえ。
私はまだ初めて観るレベルなのでよくわからないのですけれど、これからまた二回、三回と回を重ねていって色々発見できそうなので楽しみにしています。

TOPへ
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://naochannel.jugem.cc/trackback/756
Trackback
下駄の音木製であるため、歩くと特徴的な音がする。「カラコロ」あるいは「カランコロン」と表現されることが多い。そのため、祭りや花火の日に浴衣姿で歩く場合や、温泉街の街歩きなどでは雰囲気を出す音であっても、現代の町中では騒音と受け取られることも多く、(床
下駄net (^ー゚)ノ 2007/03/20 3:03 AM | TOPへ

Recommended