<< 「桜井久美衣裳展-女と影-」 | main | 【スクラップ】坂田藤十郎 襲名後初の近松座公演 >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
writeNAO
追悼 中村四郎五郎丈
たまたま仕事関係の情報を確認することを思い出して、休みの日の夜にインターネットでみた「おくやみ」の欄。
目の中に飛び込んできた名前は、子供の頃から見知った文字。

なんのこと?という思いのままクリックして記事を読みましたが、あまりのことに実感がわかないままでした。
今月の歌舞伎座にも出演されていて、4/11から休演されていたと聞いています。実は休演されていることも知らなくて、21日に夜の部を観にいったとき、「(瀬尾と実盛がたずねてくるから)うちをよ〜く掃除しゃっされや、よいか、よいな」といって引っ込んでいく山左衛門さんを観ながら、同じ一門だし、いつもならこういう役は四郎五郎さんがなさるのに今月はどうしたのかしら、とか、やはり台詞が似ているなぁと漠然と思ったことを思い出しました。休演なさるまでは、四郎五郎さんがなさっていた、庄屋さんの役でした。
休演されてから、10日あまりの訃報。

四郎五郎さんといえば、歌舞伎を観るようになって早い次点で認識した一人。
やさしいお顔で、なんといっても名前が「しろごろう」。子供でも読める漢字!(笑)
やっぱり世話物のイメージが強いですね。
尻っぱしょりして…よく助五郎時代の源左衛門さんとセットのように出ていた姿が印象的に残っています。
ヤクザの子分だったり、長屋のおじさんだったり…凄味はないけれど、独特の飄々とした雰囲気と、だからといって埋没しない個性。
「法界坊」の道具屋さんや、「五人男」の超早口の番頭さんなど、持ち前の雰囲気を生かした当り役も数多くあったように思います。

時代物でも世話っぽい場面に出てくると、なんとなくそれらしい雰囲気になって。
大勢で出ていても、この方が一人はいると入らないとでは大きな違いだったと思います。
さらっとしているけれど江戸の空気ってこんな感じだったのかなぁと感じさせられるものがありました。

中村屋のお弟子さんは、先代のお弟子さんが多いのですよね。
その方たちに当代は見えるところ、見えないところで支えられているのだなぁとふと改めて思いました。
当代の襲名披露を支えて、さぁこれからというところで、昨年秋の源左衛門さんに続いて、天国へと、師匠である先代のもとへと旅立っていった四郎五郎さん。
お二方とも、記憶に残る役者さん、いつも自然とお芝居の中に溶け込んでいらした役者さん。
まだまだ実感がわきません。
せめて、旅立つ直前まで舞台に上がることができて、幸せな方だったと…思いたいです。

ご冥福をお祈りいたします。




日本俳優協会HPより
中村四郎五郎
なかむら・しろごろう
[代数]七代目
[屋号]中村屋
伝統歌舞伎保存会会員

▼立役。不器用そうでトボけた味が無類。『法界坊』で桜餅をもってでてくる人のよさそうな道具屋のおかしさ。『文七元結』の大家さんのほのぼのとした人情味。貴重な人である。

▼昭和6年生まれ。四代目中村もしほ(十七代目中村勘三郎)に師事し23年4月南座で中村たかほを名のり『喜撰(きせん)』の所化で初舞台。25年1月東京劇場で中村仲三郎と改名。39年7月歌舞伎座で三代目中村清五郎と改め『偲草姿錦絵』『八重桐廓噺』のお歌で名題昇進。51年4月歌舞伎座で七代目中村四郎五郎を襲名。

▼昭和42年9月国立劇場特別賞、46年9月同奨励賞。平成4年第十一回眞山青果賞助演賞。7年12月歌舞伎座賞。10年第十八回眞山青果賞奨励賞。13年第七回日本俳優協会賞。15年6月国立劇場優秀賞。

TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 03 歌舞伎俳優 | comments(2) | trackbacks(0)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
- :
2007/04/23 10:43 PM
管理者の承認待ちコメントです。

TOPへ
- :
2007/05/05 6:26 AM
管理者の承認待ちコメントです。

TOPへ
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://naochannel.jugem.cc/trackback/822
Trackback

Recommended