<< 【スクラップ】アメリカ紙の記事 | main | 親と子の鑑賞教室「野崎村」@2007.07国立劇場 >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
writeNAO
「舌切雀」どんな話でしたっけ?
八月納涼大歌舞伎の二部で、渡邉えり子さん作「新版舌切雀」がかかります。
「舌切雀」といえば、言わずと知れた昔話ですが、「桃太郎」とか「金太郎」ほどメジャーじゃなくて・・・ふと、一体どんな話だったかしら?と思って検索してみたら、こちらにあらすじが出てきました。

この‘玉手箱’系の成功者をうらやんで他の人が欲張ってひどいめにあう、というお話、日本だけに限らず童話に多いようなイメージがあります。
イソップの「金の斧」もそんな感じだし・・・

東京新聞の勘三郎さんインタビューによりますと(このインタビューの本編は三部の「裏表先代萩」がメイン。改めてエントリーします)、舌切り雀は福助さん、おばあさんは扇雀さん勘三郎さん。ちなみに、勘三郎さん扇雀さんは蚊・・・
かなり、面白いことになりそうですね、蚊・・・・・・



【7/26追記】
おばあさんと蚊の配役がぎゃくになっていました。
ご指摘をいただいたので訂正しました、すみません。。。
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 02 プチコラム | comments(2) | trackbacks(0)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
とおりすがり :
2007/07/26 9:13 AM
突然失礼します。いつも楽しみに読ませていただいております。
ご紹介の勘三郎さんインタビューを拝読したところ、勘三郎さんが悪いばあさんで、蚊が扇雀さんのようですね。すみません、つい気になったもので訂正させてください。

TOPへ
NAO :
2007/07/26 1:07 PM
■とおりすがりさま

ご指摘ありがとうございます。
頭の中で逆になってしまったみたいです。
失礼いたしました。

TOPへ
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://naochannel.jugem.cc/trackback/897
Trackback

Recommended