<< 【テレビ】WOWOW アンコール宝塚スターの小部屋(8月放送分) | main | 鬼がわらう・・・? >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
writeNAO
【イベント】舞台美術の世界〜ディアギレフのロシアバレエと舞台デザイン
東京都庭園美術館HPより
舞台美術の世界〜ディアギレフのロシアバレエと舞台デザイン

本展では、ディアギレフのバレエ・リュスをはじめ、20世紀初頭から1945年までのロシアのバレエ、オペラ、演劇など舞台芸術の世界を、ニューヨーク、パリ、ロンドン、サンクトペテルブルク、そして日本国内から集められた約190点の作品と資料を通して紹介するものです。舞台や衣装のデザイン画はじめ、実際に使用された舞台衣装、ポスター、上演プログラム、写真そして再現映像などバリエーションに富んだ構成により、立体的に演出します。

「舞台芸術の世界」映像
今回上映する映像は、パリのオペラ座が『パリがディアギレフを踊る(Paris Dances Diaghilev)』というプログラムを上演した際のものです。この中からバレエ・リュス初期の3作品、『薔薇の精』、『牧神の午後』、『ペトルーシュカ』を上映します。この映像は20世紀初頭から上演されてきたバレエ・リュスの魅力を十分に伝えてくれるでしょう。
<タイムスケジュール>
11:30〜 『薔薇の精』『牧神の午後』(上映時間 約20分)
12:30〜 『ペトルーシュカ』(上映時間 約35分)
14:00〜 『薔薇の精』『牧神の午後』(上映時間 約20分)
15:30〜 『ペトルーシュカ』(上映時間 約35分)


このほか、いくつかの記念イベントや、夜間開館(期間:8月25日(土)〜9月1日(土)茶室公開時間:午後4時〜6時 /夜間開館時間:午後6時〜8時(入館は7時30分まで))もあるそうです。
もともとのロシアバレエはテレビでちらっとみたことある程度なのでよくわからないのですが、なかなか興味深い展示会だったと、HPの写真を見たらとても綺麗だったので、足をはこんでみたいと思っています。

TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 11 その他演劇・イベント案内 | comments(0) | trackbacks(0)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://naochannel.jugem.cc/trackback/904
Trackback

Recommended