<< 本日は文楽 | main | 実は知らなかったこと >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
writeNAO
文楽「夏祭浪花鑑」@2007.09国立小劇場
9/15観劇
【住吉鳥居前の段】
口 豊竹咲甫大夫-鶴澤寛太郎
奥 豊竹松香大夫-鶴澤清友

【内本町道具屋の段】
口 竹本津国大夫-豊澤龍爾
奥 竹本千歳大夫-鶴澤清治

【道行妹背の走書】
磯之丞---豊竹呂勢大夫-竹澤団七
お中-----竹本南都大夫-竹澤団吾
三婦-----竹本文字栄大夫-鶴澤清馗
伝八-----豊竹つばさ大夫-鶴澤清公

【釣船三婦内の段】
切  竹本住大夫-野澤錦糸
アト 竹本始大夫-鶴澤清丈`

【長町裏の段】
団七-----竹本綱大夫-鶴澤清二郎
義平次---竹本伊達大夫

【田島町団七内の場】
   豊竹咲大夫-鶴澤燕三
アト 竹本相子大夫-鶴澤清馗

釣船三婦-------桐竹紋寿
倅市松---------桐竹紋臣
団七女房お梶---吉田和生
こっぱの権------吉田勘緑
なまの八-------吉田清五郎
玉島磯之丞-----吉田清之助
団七九郎兵衛---桐竹勘十郎
役人-----------桐竹紋吉
傾城琴浦-------吉田勘弥
大鳥佐賀右衛門--吉田玉志
一寸徳兵衛------吉田玉女
娘お中----------吉田玉英
三河屋義平次----吉田玉也
番頭伝八--------吉田蓑次郎
仲買弥市--------吉田蓑一郎
道具屋孫右衛門---桐竹亀次
三婦女房おつぎ---吉田紋豊
徳兵衛女房お辰---吉田蓑助
代官左膳--------吉田文哉

(これ手入力するだけでぐったりしましたよ・・・)


まだまだ文楽は初心者です。
かしらの名前に興味を持つまではもうちょっとかかるかしら、という感じ。
一緒に観ていた友人Rさんともども、公演中に一回みればいいかな、といういいペースでお付き合いすることができそうです。

今回は普段かからない道具屋の場と道行が見たくて観劇。
もう少し体力を分散しようと思っていたのですが、幕開きからぶっ飛ばして観てしまいました。でも、歌舞伎で何度も観ていて頭に入っている演目のせいか、疲れは少なかったですね。世話物の丸本は楽です。

道具屋の場があると、謀られたとはいえ磯之丞のだめっぷりがよくわかっていいですね(お鯛茶屋もちゃんと観てみたかったですが)。
なんとなくいままで観た歌舞伎と頭の中で平行させながら観ていました。
今回、本当にすばらしいと思ったのは、蓑助のお辰。肩から胸のラインの動きが本当に違うのと、お辰という人の性根がしっかり感じられたこと、そして人形遣いとしての気配を完全に消していらしたことが印象に残りました。もちろん、その人形に魂を吹き込んでいるのは吉田蓑助という人形遣いなのですが、観ていて全く気にならない、というのは初めてでした。余計なものがすべてそぎ落とされているという感じです。

あと、長町裏で義平次を語っていらした伊達大夫が大熱演。文楽の大夫さんは、歌舞伎と違ってほとんど舞台を見ないでご自身のペースで語られているという印象を受けていたのですが、立ち回りなどもあったためか、とても人形の動きを見ながらきっちり合わせていらっしゃったのが印象的でした。
とにかく、本当に大熱演で…義平次ってこういう人なのよ!というのを語りだけで三次元レベルに持ってきているように思いました。(もちろん人形も素敵でした)

団七が義平次を殺したあとにやる見得もちゃんとあって、お人形の見得がかわいくて好きなのでうれしかったですね。
やはり文楽から歌舞伎になったものは、その後、工夫されてきたにしても、型も文楽を踏襲したものが多いと改めて感じました。

それにしても、文楽はお人形ならではの乱暴なところがあって、ちょっとくすっと笑ってしまいます。
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 16 文楽*落語etc | comments(0) | trackbacks(1)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://naochannel.jugem.cc/trackback/945
Trackback
初めての文楽で、通し狂言はハードルが高過ぎました(^^; 全ての幕で、一回以上意識がなくなりました。 イヤホンガイド聞いて、字幕読んで、舞台見て・・・・・疲れて(-.-)zzZ・・・・・イヤホンガイド聞いて、字幕読んで、舞台見て・・・・・疲れて(-.-)zzZ・・・
ドンカンはツミである (^ー゚)ノ 2007/09/18 8:56 PM | TOPへ

Recommended