<< 9月Review+α | main | 月組「ME AND MY GIRL」制作発表 >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
writeNAO
Home Theater10 「ゴールデン・ステップス」
羽山紀代美 振付家30周年記念 ダンシング・リサイタル 「ゴールデン・ステップス 〜1975-2005〜」

構成・振付:羽山紀代美/構成・演出:三木章雄
主な出演者(公演プログラム記載順): (専科)轟悠 ・初風緑 ・(月組)瀬奈じゅん ・彩乃かなみ ・霧矢大夢 ・大空祐飛 ・(雪組)朝海ひかる ・舞風りら ・貴城けい ・水夏希 ・(星組)湖月わたる ・安蘭けい ・立樹遥 ・真飛聖
DVD/TCAD-066/専科・月組・雪組・星組/宝塚大劇場
収録日:2005年6月6日18:30の部/収録時間:134分


先日WOWOWで放送していたのを見ました。
あ〜、このシーンも!あのシーンも!羽山先生が振り付けだったのね!という感じで。
といっても、花組だと「ジャンクション24」「ダンディズム」「ベルばら」のフィナーレ(小雨降る径・・・これはナツメさん・シメさん&ナツメさん・ヤンさんでみた初宝塚でしたわ)、月組では「With A Song in My Heart」の「チャイナドール」ぐらいしか見たことなかったのですが。
テレビで見たのは「国境のない地図」ぐらいでしょうか。

全体の印象は・・・
「薄い!!!」

薄いのですよ、みなさん。
「ジャンクション24」なんて、薄すぎて・・・失礼ながら、つまらないのですよ。
アツイものは感じるのですけれど、ちょっと何かが違う・・・
かろうじてキリヤンと水さんがなんとなく昔の雰囲気を醸し出しているでしょうか。あさこさんもそんなに濃くはないけれど、イマドキ的にはこんなものなのかも。
もしかしたら、宝塚そのものに関しても同じことを感じているのですが、自分が若かったときには「おぉ!!」って思ったけれど、オトナになって見たらまぁこんなもんなのかな、と思う、感覚の違いもあるのかもしれませんね。年をとって感性が鈍った、ってことかしら?それはそれでショックなんですけど・・・
とは言いながら、印象に残ったシーンが「ヒートウェーブ」。これ、大地さんで見てみたかったなぁ・・・

羽山先生の振り付けは結構好きなんですよ、「ダンディズム」の「ハードボイルド」も好きだったし、小雨降る径も。
いかに宝塚の男役がかっこよく、色っぽく見えるかを知り尽くしていらして、ちょっとオトナな振りをつけられる方だと思います。

薄い、とかいいながらそれなりに十分楽しみました。
オリジナルの場面を見たくなりました。


TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 18 Home Theater | comments(0) | trackbacks(0)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://naochannel.jugem.cc/trackback/955
Trackback

Recommended