writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
writeNAO
團菊祭・昼の部@2008.05歌舞伎座
「渡海屋・大物浦」
海老蔵の知盛は、目指そうとしているところはなんとなく見えるのですが、全体的に劇画的というか…目をむいて派手にすればいいというものではないと思うのですけれど、海老蔵の引き出し的にはそんな感じなのでしょうか…若さもあると思うので、今後に期待。
大物浦の血だらけのお化粧はちょっと過剰すぎるかしら、とも感じましたが、天皇に「仇に思うな、これ知盛」と言われたときのショックと、乳母が自害していまったことによる絶望感というのはかなりしっかり表れていたように思いました。
魁春の局は、義経につかまってから、すべてに絶望して小さくなっている姿がとても哀れで印象的でした。

「喜撰」
今月はこの一幕がベストになるかも…というぐらい、最高。
三津五郎は巧い(のは当たり前ですが)し、色気があって、かわいくて、まじめなんだけれどおかしさがあって、どこをとっても楽しめる一幕。
うーん、最高。
時蔵のお梶も色気があってとてもかわいい…先月に引き続き、個人的にはフィーバー?してます。
また観に行きたいです。

「幡随長兵衛」
いきなり本筋とは離れますが、神田弥吉の海老蔵が真剣に怖かったです…(苦笑)
それはさておき、役者が揃っているわりに、もうひとつ面白さに欠けたような気がしたのは、まだ初日があいたばかりだからか、それとも別の理由か…なんとなく引き込まれないまま、最後の場面まできてしまいました。
お時は山城屋だったのですが、いつもと違って藤色の縞の着物がとても映えていました。でも、夫婦にも見えなくもなく、親子にも見えなくもなく…不思議な魅力の方ですね。
お時という人は、あんな人の女房だから、周りの目もあるし、もうちょっと強い感じの人という印象があったのですが、こんなことになってどうしましょう、とオロオロしてしまう可愛いお時だったように思いました。
前後しましたが、序幕の舞台番で新七あらため新十郎の名題披露。劇中劇の公平さんに披露されてました。
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 01 感想など | comments(0) | trackbacks(0)
writeNAO
「勧進帳」「浮かれ心中」@2008.04歌舞伎座・夜の部
「勧進帳」
非常にドラマティックな富樫と弁慶。
一つ一つの動き、目の配り方、息の詰め方など細部にまで計算された、濃密でわかりやすい二人。
命を賭してまで全身全霊で義経を守り抜こうとする弁慶。
その弁慶が主人を本当に打ってしまい、さらに殺そうとするところをみて、通さざるをえなくなった富樫。
そんなドラマティックな二人に対して、能の謡を思わせる、孤高の人・義経・・・という印象でした。
対照の面白さを感じるかと思いきや、あまりに対極過ぎてちょっとアンバランスに感じました。
他の方の弁慶だったら(友人と話していたのは成田屋の弁慶・天王寺屋の富樫)おもしろくなっていたかもしれませんが、こと今回に関してはちょっと違う印象がありました。
しかしながら、判官御手をではきちんと情を見せていたし、笠に手をかけてさっと引っ込む颯爽としたところがとても気品があって素敵でした。

「浮かれ心中」
おすずさんが・・・かわいい!お琴ちゃんよりカワイイ!(いや、お琴ちゃんもかわいかったのですが・・・)
ちょっと崩れると一気にいってしまいそうなこの作品、ヘンにグダグダにならずに纏め上げられるのは時蔵の力だと思います。
喧嘩の場面で、男声になるところも、女の人が出している男役の声みたいで、妙にリアルな男性の声になってしまうと、興ざめしてしまうところがあるとおもうのですが、そこは流石だなぁ・・・と関心したり、個人的には時蔵大ヒットな一幕でした。
あと、帚木の七之助が今までやっていた福助にそっくりに見えました。
でも、このお芝居を観るといつも思うのですが、二人の戯作者が作品を世に出そうとする力強さとか真剣さが、笑いでマスキングされてしまって、伝わってこないのが残念ですね・・・
まぁ何も考えずに気楽に笑える作品というのも悪くはないのですが、やっぱり、ねぇ。
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 01 感想など | comments(0) | trackbacks(0)
writeNAO
とりあえず昼の部@2008.04歌舞伎座
私としたことが!!
「十種香」を一番の目当てにしていたのに・・・遅刻しました(涙)
着いたときには八重垣姫がすでに口説きまくってました・・・後ろ向きに登場するところも好きだったのに。
あと一回あるとはいいながら、とにかくこれを楽しみにしていたので・・・自分で失敗したとはいいながら、ショックは大きいです。
色々思ったことはあるのですが、そんな状態で観ていたのもあり、また行く予定もあるので、感想はそのときに。

「熊野」
昔、国立劇場で観た大成駒の印象が妙にくっきりはっきり残っています。
装置は桃色と黄色のふわっとしたかわいらしい印象で・・・とか。
今回は玉三郎ワールド。
以前も着ていた衣装なのでしょうか、チラシと一緒でしたが、とにかく刺繍がもこっと盛り上がっていて、ついそこに眼が行ってしまいましたが。
舞台はそうとう地味ではないかと勝手に想像していたのですが、思ったよりは華やかさがあったかな、と思います。
でも、ちょっと能がかりの一連の舞踊は少し飽きてきているところもあるのと、やっぱり歌舞伎座で観たい舞踊ではない・・・とも思うのですが。

「刺青奇偶」
はじめは以前観たときよりさらっとしているなぁと思っていたのですが、だんだん物語が進むにつれて、濃密になってきたように感じました。
歌女之丞のおたけが、ただの世話焼きではなくて、お仲のことも半太郎のことも大好きで、早く元気になって欲しい、二人が幸せになって欲しいという気持ちをきちんと持っている人だというのが伝わってきました。お仲がもう助からないと半太郎に言葉にせずに伝えるところでは、おたけの悲しさ・苦しさとしてきちんと伝わってきて、それがまた半太郎がまさに絶句して衝撃を受けるという状況につながっているようにも感じました。そして半太郎のこのときの衝撃もまた印象的でした。
あとやはり刺青を入れるところ、「怒らないでおくれよ」というお仲の必死さ、そのお仲がもう助からないと知りながら、あれほど必死に頼まれたにもかかわらず幸せな中で送りたいという思いからイカサマに手を出してしまう半太郎の悲しさ。半太郎の話をきちんと聞き、心を汲み取る鮫の政五郎親分と、息を詰めるような緊張感の中とそこに潜む悲しさで苦しくなってしまいました。
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 01 感想など | comments(0) | trackbacks(0)
writeNAO
「葛の葉」@2008.03国立大劇場
3/8観劇

「歌舞伎のみかた」
宗之助・京妙による案内。
今までの解説の中ではわりとうまく作っているほうだと思います。
ただ、歌舞伎好きな方にとっては、「鷺娘」にカラミが出たりして妙な感じがするかとは思いますが。


「葛の葉」
芝雀の葛の葉に、種太郎の保名、うーん、年の差カップル・・・とか思い、まだ高校生の種太郎には荷が重過ぎるかなぁと感じていました。
実際、義太夫狂言の経験も大きな役の経験も少ないですから、前半は糸に乗れていないし、どうしようかと思ったところもあったのですが、意外と葛の葉との並びもよかったですし、幕切れの子供を抱いてからが一気に感情が爆発していて、保名の思いに泣けてしまいました。これは予想外でしたが、本当に幕切れはよかったです。技術的なところはこれからですが、これだけ心情を吐露できるというのは、なかなかだと思います。
あぁ、こうやって若い世代が次々と出てくるのだなぁと、妙な感慨深さと、思わず自分の年齢を省みて、複雑な心境になってしまいました。
そう、ちょっと前まで、芝雀は若女形だったのですよね・・・
その芝雀の葛の葉は、狐の化身である妖しさみたいなものは薄かったですが、誠に情があったと思います。
幕切れは京屋の型で、道行でも宙乗りでもなく、花道の引っ込み。
決して派手さはありませんが、葛の葉の哀れさとか寂しさが、却って強調されるように感じました。
あとは京蔵の柵がカチッとした中に情があってとても印象的でした。


続きを読む >>
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 01 感想など | comments(0) | trackbacks(0)
writeNAO
素直な反応@2008.02博多座・夜の部
2/16観劇

演目が発表になった時点で、これは昼夜通しても終演時間は早そうだわ・・・と思い、滅多にやらない通し観劇をしてしまいました。
でも、着物の日だったのは誤算でしたね・・・ちょっと疲れてしまいました。

「車引」
勘太郎の梅王は、歌舞伎座でやった時の印象が強かったのですが、その頃と力強さは変わっていなくてよかったです。
でもちょっと火花散る三つ子のバトルというものは希薄だったように思いました。
時平がきちんと押さえになっていましたね。

「鳴神」
先月、短縮バージョンの「鳴神」を観ていたので、こんな感じだったかしら、と思うところもいくつか・・・長く感じた部分はあったのですけれど、きっちり全部やるからこその面白さみたいなものが再発見できたような気がしました。
絶間姫はとても色っぽくて素敵。

「蜘蛛絲梓弦」
お客さんの反応がすごい!亀治郎の早替りもさすがおもだかやという感じなのですが、だんだん客席が引き込まれていって「わぁっ!」と盛り上がる空気を、観ていて肌で感じたのは久しぶりのような気がしました。
実は、開演前御挨拶で「拍手の練習」をしていて、それにちょっと違和感があったのですが、盛り上がってきたときの自然発生的な拍手とか歓声はやっぱりいいですね。本来はこうあるべきなのではないでしょうか。そして、博多のお客様は東京と違って、とても素直に表現しているように感じました。私もつられてしまいましたもの。
後シテになってから、ずらりと6人並んだ姿は圧巻でした。きちんと空間が埋まっていてよかったと思います、特に勘太郎、七之助がきちっとしていてよかったです。
ただ、装置の関係か、常磐津も長唄もマイクだったのがちょっと残念でした。
ところで、「蜘蛛絲〜」は土日祝バージョンだったとか。平日をみていないので何が違ったのか・・・想像がついたのはある一点だけでした・・・



続きを読む >>
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 01 感想など | comments(2) | trackbacks(0)
writeNAO
着物の日の昼の部@2008.02博多座
2/16観劇

たまたまだったのですが、着物の日にぶつかってしまいました。
(自分の都合だけしか考えていなかったので)
博多在住のRちゃんから「NAOさん、着物の日ですけどどうします?」ってメールが来て・・・うそっ、みたいな(苦笑)
なにせ、浅草歌舞伎の着物の日といえば、客席の99%が着物姿。洋服だと逆に目立ってしまうぐらい、という記憶があったので、ガラガラと荷物を引っ張って行きましたよ・・・2/16のエントリーでもか書きましたが、客席の1/4ぐらいしかお着物の方はいらっしゃいませんでした。
でも、若手の公演でこれからも続けたとしたら、着物の日の着物率が上がるかもしれませんね。

「渡海屋・大物浦」
楽しみにしていたのは、以前浅草で上演したときに一人勝ちだった七之助のお柳と典侍の局。芝翫そっくりだったところから、だんだん七之助らしさが出てきたように思いました。でも、ふとしたところはやはり似ていて・・・お柳のときもそうでしたが、局になってからは、身体に一本鉄パイプがしっかりと入っているような感じがしました。きちんと軸が有るという感じでしょうか。
反面、知盛はぐにゃっとしているような(実際にぐにゃぐにゃしているわけではありませんが)、力強さとか厚みがあまり感じられませんでした。浅草の時のほうがよかったかな・・・と。
その浅草の時と配役を交換したのが相模五郎と入江丹蔵。亀鶴の丹蔵は、「冥土の先駆け」と言ってたんから武士と立ち腹を切る時の表情に、敗者の悲哀を感じました。

「高杯」
勘太郎初役の「高杯」が昼の部のお目当てでした。
出てきたときの表情、台詞回し、声、笑うところ・・・どれをとっても父上そっくりで。
そして高足売りの七之助の踊りが上手になったなぁ、とそちらに目がいったりしながら、大名たちが再び登場してのほろ酔い太郎冠者の踊りですが、これが本当に風情があってよかったですね。唄の文句がよく伝わったように思いました、
眼目の下駄タップですが、そこまでがとてもよかったので必然的に期待値が上がってしまったのですけれど、本音を言えば少し物足りなかったです。なにが物足りなかったかというと、楷書すぎるところです。
とても上手ですし、身体能力もありますから、十分面白いのですが、なにか一味足りないような印象を受けたのが、きっちり踊っているが故ではないかしら、と思いました。
でもこれはきっと年齢や回数を重ねるごとに、いい意味での余白が出てきてはじめて成立するものなのかもしれないので、これから先への期待値というところでしょうか。

「団子売」
太宰府での団子売でした。さすが博多座。
(市川段之さんのブログに、太宰府の写真と団子売の背景の大道具が出ていました。→☆段之のどうだ懐メロ決定版☆
お臼の亀治郎はお化粧がなんとなく京屋っぽかったように感じたのは、先月の影響があるのでしょうか・・・
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 01 感想など | comments(0) | trackbacks(0)
writeNAO
坂東玉三郎特別舞踊公演@2008.02松竹座
2/9観劇

20年ぐらい前からお付き合いのあるお兄さんみたいな知人に久しぶりに会ったり、ご縁で知り合った友人と一年ぶりの再会があったり、大好きで大切な友人たちと観劇できたり、探していたほしかったものが見つかったりと、舞踊公演そのものも楽しんだのですが、それに付随することがあまりに盛りだくさんで楽しかった旅でした。
だからというわけではありませんが、メモ書き程度の感想。


「連獅子」

なかなか表情豊かな海老蔵でした。右近は、研祐時代のキレのある踊りの印象が強すぎてもうちょっとパキパキ踊るイメージがあったのですが、緩急がついていてとてもよかったですね。宗論はいつもと違ったけれど、コチラのほうがヘンに笑いを取ろうとしていなくて結構好きかもしれません。

「京鹿子娘二人道成寺」

鐘入りをどうするのかしら、と思っていたら、ただ頼め・鈴太鼓・鐘入りは菊之助花子が一人で踊り、鐘が上がってからは玉三郎が先に出てくるという趣向でした。
菊之助はとてもよくなっていたので、歌舞伎座で過去2回の上演時に観た時よりも、全体の密度が濃くてとても面白く感じました。
それと押し戻しがあると華やかさが増しますね。
舞尽くしは途中でぶった切る!という初めての経験。まぁグダグダになってしまうのを嫌っているのかしら、と想像がつかなくもないのですが、鱗四天のトウづくしもなかったので、ちょっと淋しいような気もしました。


ところで。
幕間にイヤホンガイドで玉三郎さんのインタビューをやっているという話を聞いていたのですが、劇場に入ったらぜんぜん宣伝していなくてびっくり。
どこで借りるかもわからず、幕間に2階ロビーに出た時に、売店に向かって左の階段のところでひっそりと貸し出していました。
せっかくインタビューを放送していて、それを聴きたいという方も多いかと思いますが、あれじゃわからないですよねぇ・・・もっと派手に宣伝しないと、それだったら借りてみようかな、という人にも気付かれないと思いました。もったいない。


TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 01 感想など | comments(3) | trackbacks(0)
writeNAO
「猩々」「一条大蔵譚」「けいせい浜真砂」@2008.01歌舞伎座・昼の部
なんだかんだで記憶が風化してしまってきているので、ざざっと。


「猩々」
梅玉の猩々がなんともいえず・・・かわいい(笑)
かわいさを求めるところではないのはよくわかっているのですが、なんとなく可愛く見えて、思わずそちらばかり観てしまいました。
こう書くとつけたしのようにみえてしまいますが、踊りもしっかりとしていたように思います。


「一条大蔵譚」
もともと播磨屋の大蔵卿は好きでしたが、今回が一番よかったかもしれない、と感じました。なんといっても、作り阿呆のスイッチが「パチッ」と入るのではなくて、自然に阿呆に変わっていくところがとても印象的でした。それだけで、まったく印象が異なってくるのが不思議です。
あと、常盤御前がとっても色っぽかったですね。なんとなく常盤御前=大蔵卿に嫁いだのも自分の本意ではない→冷たい、という印象を持っていたのですが、彼女なりの価値観で今の生活を送っていて、それは決して大蔵卿に対して冷たいというものではない、という感じがしました。そのせいかわかりませんが、とても色っぽく見えました。長袖に包まれた雅やかな香りがたつ色気というか・・・言葉にすると難しいけれど、そんな感じでした。

ところで、この「一条大蔵譚」は結構好きなお芝居の一つに入るのですよね。華やかさと三組の夫婦がそれぞれ地位もキャラクターも違っていて、それもまた面白いし、やる人によってその三組の様々なやりとりがまた違って見えてくるから不思議です。吉右衛門の大蔵卿と吉之丞の鳴瀬はきちんと情が通い合っている主従という感じがしてとても好きですし、折に触れて鳴瀬に気を遣う大蔵卿の台詞も生きてくるように感じました。

「けいせい浜真砂」
大きい道具は豪華でいいですねぇ。歌舞伎座には本当に合いますね。
「楼門五三桐」を女形で、という趣向、女形さんもやっぱりこういう気持ちのいい役(のように見える)をやってみたいのかな、と思います。


TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 01 感想など | comments(0) | trackbacks(0)
writeNAO
「雷神不動北山櫻」@2008.01新橋演舞場
1/13観劇(夜の部)
「雷神不動北山櫻」
成田山開基一〇七〇年記念
通し狂言 雷神不動北山櫻
市川海老蔵空中浮遊相勤め申し候
粂寺弾正/鳴神上人/早雲王子/安倍清行/不動明王-----海老蔵
雲の絶間姫-----------芝雀
関白基経-------------門之助
文屋豊秀-------------段治郎
腰元巻絹-------------笑三郎
秦秀太郎-------------春猿
錦の前---------------蝶紫
小野春風-------------宗之助
山上官蔵-------------猿弥
八剣玄蕃/黒雲坊------市蔵
秦民部/白雲坊--------右之助
小野春道-------------友右衛門

一言で言えば「面白かった!」

荒事って、実はあまり好きではなかったのですよ。
それが、こんなに面白かったかしら、と思ったぐらいでした。ようやく‘鷹揚に’観ることができるようになってきたのでしょうか…(遅すぎ)。

幕開きの口上であらすじをすっきりと説明した後、テンポよく進んでいくので、初めて見る方にはオススメの演目になっていたなぁと終わってから感じました。
欲を言えば、「毛抜」と「鳴神」はもう少しタップリとした印象で観たいという気もするのですが。

今回、とても素敵だと思ったのは芝雀の絶間姫。色っぽい!艶っぽい!!少しリアルに女性の生っぽさを出していると思うのですが、却って海老蔵の鳴神上人とのバランスがよくなっているように思います。
いつも‘カワイイ’というイメージが先行する芝雀ですが、本当に色っぽくてドキドキしてしまいました。新境地開拓、でしょうか。また別の色っぽい役を観てみたくなりました。

最後の「不動」は、イリュージョン…
友人と話した時の共通意見としては、海老蔵の眼力と大きさを考えたら見掛けにこだわらなくても、それだけで十分印象づけられるのに、仕掛けがあるがためにそちらに気をとられてしまうというのがちょっと勿体無い気がしました。でも、何か新しいことを取り入れたくなるというのも、わかりますけれどね。

全体的に、いかにも歌舞伎らしいという荒事で、なおかつザッツ・エンターテイメントな仕上がりになっていて、楽しむことが出来ました。

二階ロビーにお不動さまが出張しておりました。
20080113182126.jpg
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 01 感想など | comments(0) | trackbacks(0)
writeNAO
浅草歌舞伎・第二部@2008.01浅草公会堂
1/12観劇
20080112143248.jpg
「お年玉御挨拶」
御挨拶-----亀鶴

舞台からトンボ返って客席に降りた!驚きました。でも、「お怪我に注意!」
あとは「拍手のポイント」的解説でした。


「祇園祭礼信仰記〜金閣寺」
雪姫------------亀治郎
此下東吉--------勘太郎
狩野之介直信----七之助
慶寿院尼--------亀鶴
佐藤正清--------男女蔵
松永大膳--------獅童


雀右衛門指導の金閣寺。亀治郎は出てきた瞬間、あまりに雀右衛門にそっくりでびっくりしました。
もちろん、顔は違うのですけれど、表情も身体の使い方も可憐さも本当によくなぞっていて・・・でも、物語が進んでいくにつれ、そっくり、からだんだんと亀治郎の個性が出てきて、変わっていく過程もまた面白かったです。基本的に雪姫という人がが芯にあってぶれていないので、その変化を楽しむことが出来たのかもしれません。
姫なんだけど人妻というちょっと不思議な色気はまだ薄かったけれど、なかなか面白く観ることができました。
あとで筋書きを読んだところ、ご本人が「雪姫の縄を引きちぎって逃げそう」と仰っていたのには笑ってしまいました。ご本人を知っているわけでもないのに、どうも情熱的な・・・というところを通り過ぎて激情型の方というイメージがあるのが不思議ですよね。

勘太郎の東吉はちょっと物足りなかったですね。上手なんですけれど・・・何が足りない気がしたんだろう、とずっと考えているのですがわからないのです。この方に関しては、知らず知らずのうちに、観ている時のハードルが高くなってしまっているかもしれない、と少し自分に反省しました。
あと、直信の七之助が、哀れさと気品があって結構でした。


「与話情浮名横櫛」
〜木更津海岸見染の場
  源氏店の場
与三郎----------愛之助
お富------------七之助
蝙蝠安----------亀鶴
番頭藤八--------松之助
下女およし-------京蔵
鳶頭金五郎------獅童
和泉屋多左衛門--男女蔵

七之助が・・・色気があってびっくり!とくに見染のお富は本当に綺麗で、色っぽくて、ある意味ショック(笑)
玉三郎そっくり、仁左衛門そっくりの二人でしたが、まずは倣うところから始まるといいますから、まぁいいでしょう。特に見染の場は・・・
ただ、源氏店になってからのお富は、ちょっと仇っぽくて・・・たしかにお妾さんではあるけれど、もと極道の・・・だけど、大店の一番番頭のお妾さんにしては、ちょっと仇っぽすぎるようにも見えてしまいましたが。今までのお富を思い返しても、あそこまで感じたことはなかったですけれど、もしかしたら七之助が若いからそう観えるのか・・・ちょっとわかりませんが、とにもかくにも華奢すぎて色気が薄いと今まで思っていたのですが、どうしてどうして、あんなこっくりとした色気が出るとは!



【追記】

実は、書いていなかったことでいくつか気になっていた点があったのですが、先日、私のお芝居の師匠番ともいうべき友人と話していたときに「やっぱり!」という話になったので、少し追記。

まず、「金閣寺」ですが、雪姫の桜、多すぎる…ばさ〜っと降るときは確かに綺麗なんですけれど。
そのあとのすそさばきが…最初、ずいぶん早くから桜の花びらをかき集めているのねぇと思っていたのですが、積もりすぎて必然的にすその中に入ってしまうと気付いたのはしばらくしてから。眼目の足で鼠の絵を描くところも引き立たなかったですし、ちょっと残念な結果になっていたように思いました。

それから、大道具のバランスが気になりました。
特に見染の場の浜も物足りなく、「源氏店」はお庭が広い・・・松の木がボン!ってあって、石灯籠もドン!とあって、なんとなく風情不足を感じてしまいました。そしてお庭が広い分・・・玄関先が狭いようにも感じましたね。与三郎が石で遊びながら待っているところが結構好きなのですけれど、最後列から見ていたわりにいまひとつ見えにくかったり。何度も上演されているお芝居でも、全体の空間演出となると難しいのでしょうね…。
続きを読む >>
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 01 感想など | comments(0) | trackbacks(0)
<< / 2/31PAGES / >>

Recommended