writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | - | - | -
writeNAO
【スクラップ】「ワッハ上方」など視察
何かと話題の橋下大阪府知事ですが、その中で「図書館以外は不要」と言って、一部で物議をかもしだしていた(らしい)、大阪府の施設の売却に本格的に手をつけはじめたようです。

YOMIURI ONLINEより
府立81施設の廃止・民営化を検討している橋下徹知事は17日、門真スポーツセンター(なみはやドーム、門真市)と上方演芸資料館(ワッハ上方、大阪市中央区)、体育会館(同浪速区)の3施設を初めて視察した。戦々恐々の施設側は懸命に必要性を訴えたが、橋下知事は「根拠が弱いと感じたものもあった。上方文化やスポーツ環境は残すが、違った方法がないのか、最後は政治感覚で決断したい」と語った。
(中略)
入居ビルの賃料が年2億8000万円に上るワッハ上方。「ここでなければならない理由は」という橋下知事の問いかけに、施設側は「漫才発祥のミナミだからこそ、発信力がある」と説明。「ミナミであれば、ここじゃなくてもいいわけですね」と畳みかけられ、施設側がうろたえる場面もあった。


ワッハ上方といえば、上方演芸資料館ですが、歌舞伎ファンにとっては「みよし会」や「ときわ会」、「若伎会」の会場として馴染みのある名前でもあります。
倒産スレスレの大阪府の財政建て直しで、新府知事が立てた政策の一つが施設の廃止・売却検討。この中でワッハ上方は赤字がワーストだとか。
施設の経営だけを考えると、即廃止というのではなく、立て直せるような上手い経営策を練ってからでも遅くはないのになぁと思ってしまうのですが、倒産寸前の会社からみると、不採算な物は切り捨てる、というのは当然のことでもあり、どちらの気持ちもわかるだけになんだか複雑ですね。

「上方文化は残す」と知事は仰るものの、文化は人や形だけ残せばいいというものではないと思います。
きちんと発表する場所があってこそ、伝える場所があってこそ、更なる発展につながるのではないでしょうか。
何かよい方法は、ないでしょうか・・・ね。

TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 12 スクラップ | comments(0) | trackbacks(0)
writeNAO
道頓堀五座
昔、道頓堀五座と呼ばれた最後の劇場だった角座(今は飲食店とお笑い系の劇場)が閉鎖になるそうです。

産経新聞ニュースより
大阪市中央区の道頓堀で“演芸の角座”として親しまれた「B1角座」が、5月末で閉鎖されることが31日、分かった。運営している松竹芸能が現在代替劇場を探しているが、道頓堀内での移転場所は見つかっておらず、道頓堀から「撤退」する可能性も少なくないという。
(中略)
角座は江戸時代“角の芝居”と呼ばれた芝居小屋で、浪花座、中座、朝日座、弁天座と並ぶ『五座』のひとつだった。昭和33年に洋画上映館だったのを演芸場に改装。その後、何カ所か移転しながらも松竹芸能の拠点として市民に親しまれている。

中座がなくなったときは、歌舞伎で馴染みがあっただけに、とても残念に思いました。空き地になったあと前を通った時に、柵の隙間から覗いて、「ここに劇場を建てればいいのにね」と友人と話しながら何度か通ったことを思い出しました。松竹座も悪くはないのですけれど、あの雑多な中に劇場があるというのも、大阪らしくて面白いと思うのですけれどね…運営コストなどを考えると、やはり難しいのかしら、とそれもまた残念に思います。やっぱり、関西でも芝居が盛んになってほしいですからね。


TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 12 スクラップ | comments(6) | trackbacks(0)
writeNAO
【スクラップ】ブロードウェイ、なんと景気のいいことで
ENAKでこんな記事を発見しました。
ストの影響はねのけ
ブロードウェー 興収最高1020億円

2008/1/7 産経新聞  大阪夕刊 by 長戸雅子/ニューヨーク
米ブロードウェーの2007年の興行収入は前年比3・5%増の9億3800万ドル(約1020億円)と過去最高を更新したことが、米劇場・製作者連盟が6日までにまとめた集計で明らかになった。

昨年11月には、ミュージカルの舞台係らによる19日間のストライキが行われ、ほとんどの人気公演が中止に追い込まれたが、全体的な観客数の増加やチケット価格の上昇がこれを上回った形だ。もっとも興行収入の伸び率は前年の12%増には及ばなかった。

07年の観客数は前年2・7%増の約1230万人と史上最多を記録。チケットの平均価格も前年の75・7ドルから76・32ドルに上昇した。 

米国内だけでなく、ユーロ高に伴って欧州からの観光客も急増、とくに12月24日から30日の最終週は「ライオン・キング」など多くの人気ミュージカルで立ち見が出るほどの盛況で、魔女の友情を描いて若い女性に人気の作品「ウィキッド」はこの週だけで約184万ドルの売り上げを記録した。
この売上の、ほんの2枚のチケットですが、貢献しちゃったんですよね…日本の演劇界はそこまで元気がいいわけではないですよね、なんとも羨ましい話ですね。
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 12 スクラップ | comments(0) | trackbacks(0)
writeNAO
【スクラップ】日経トレンディネット 歌舞伎特集
日経トレンディネット「男の‘粋’を学びたい!新春 歌舞伎への誘い」と題して、大特集が組まれております。

段治郎さんのロングインタビューにはじまり、基本は歌舞伎座案内なのですが、演目紹介は三大義太夫に勧進帳、助六、白浪五人男、魚屋宗五郎と一月公演を意識したものになっているように感じます。

歌舞伎特集というと、どうしても女性ターゲットのものが多いように感じるのですが、こちらの特集はタイトルの通りターゲットが男性なので、紹介される着物なども男性向けというのがちょっと新鮮な気がしますね。
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 12 スクラップ | comments(0) | trackbacks(1)
writeNAO
【マンガ】「かぶく者」と「チェーザレ」
「週間モーニング」という雑誌に連載されている「かぶく者」という作品が、単行本化されるようです。
面白がらせりゃ、勝ちだよな?

見る者を"かぶく"天才・新九郎(しんくろう)が、 伝統と格式の歌舞伎界に殴り込み! 実はギャグ体質のたなか亜希夫(代表作『軍鶏』)が、デビッド・宮原(劇団前方公演墳)と組んで、ユーモア爆発&先読み不能の大暴走連載中!!

私は読んだことがないのですが、あの方やこの方をイメージしているのではないかと思われるキャラクターが登場するとか…原作のデビッド・宮原さんは演劇界の方なので、かなりディテールにこだわっていらっしゃるのかもしれませんね・・・

単行本は、12/21発売です。

20071216140605.jpg

ところで・・・
普段マンガを読まないのでぜんぜん知らなかったのですが、本屋さんのレジ前に平積みにされていて発見したマンガがありました。
タイトルは「チェーザレ」(惣領冬美さん)塩野七生さんの「チェーザレ・ボルジア〜あるいは優雅なる冷酷」の大ファンのワタクシとしましては、もしや…と思ったのと、マンガっぽくない表紙が気に入り、手にとってパラパラとみたらとても繊細な絵で素敵だったので、いきなり4巻から購入。
チェーザレ 1―破壊の創造者 (1) (KCデラックス)
チェーザレ 1―破壊の創造者 (1) (KCデラックス)


この絵は帯なんです。
はずすとこんな感じ。

チェーザレ 4―破壊の創造者 (4) (KCデラックス)
チェーザレ 4―破壊の創造者 (4) (KCデラックス)
やはりチェーザレ・ボルジアのお話でした。
でも、塩野作品を元にしたものではなくて、時代考証も別途されているようです。
こんな繊細な絵なのですが、こちらも「モーニング」連載だとか・・・男性向けのマンガは線が太い絵だとばかり思っていた私にとっては、意外な出来事でした。



TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 12 スクラップ | comments(2) | trackbacks(0)
writeNAO
【スクラップ】初役だったのですね…
MSN産経ニュースより

芝翫さん
「66年前(昭和16年)の福助襲名のときには小浪を務めました。戸無瀬はうちの祖父(五代目中村歌右衛門)が務めた大事な役。来年には80歳になりますが、やりたかった役なのでぜひやらせてくださいとお願いした」
(中略)
「戸無瀬は心情を掘り下げないと対処できない非常に重たい役。冷静でいて強さを出さないように、お石のせりふに驚く方がいいと思う。自分たちは他人の家にいるのですから」と話している。

福助さん
「五代目歌右衛門は(役者の)位取りが出るので(演技を)立派にやるようにと書いている。お客さまには歌舞伎の様式美、ファッションショーのような演出を楽しんでもらいたい」と話している。


福助さんの袈裟太郎はそういえば観ていないなぁと思っていたのですが、よく考えたら芝翫さんの戸無瀬も観たことがないじゃないですか!初役だったのですね…とにかく楽しみです。

「宮島のだんまり」は‘ファッションショー’という表現がいいですね。
勘三郎襲名披露の松竹座のときは、歌舞伎座より狭い松竹座の舞台に、とにかく沢山の人が出演されていたので、どこを観ていいのやらだんだんわからなくなって、舞台の端から端まで観るのに友人と二人苦労しながら観たことを思い出しました。


TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 12 スクラップ | comments(1) | trackbacks(3)
writeNAO
一幕見席 切符販売方法変更
歌舞伎座HPより
複数名でご観劇の場合 切符のお求め方法が変わります

平成19年9月2日より、2名様以上でご観劇のお客様は全員でお並び頂き、販売時間までお待ち下さいますようお願いします。同日までは、現状どおり代表の方がお並びいただければ結構です。

● 「一幕見席」の切符は全て、一幕見席専用窓口で販売しています。当日売りのみで予約・前売はございません。尚、販売時間は開演時間により異なります。

● 座席数90、立見数60、合計150名の定員制とさせて頂いております。尚、宙乗り小屋設置時は座席数70、立見数40、合計110名となります。また、満席の時は、入場をお断りすることもございますのでご了承下さい。

● 学生の方は学生証(定期等不可)をご用意下さい。一幕につき100円引きとさせていただきます。

● 購入後の払い戻し・変更またお切符のお預けは出来ませんのでご了承下さい。

● 昼の部、夜の部ごとの完全入替制とさせて頂きます。各部内の幕は続けてご観劇頂けます。引き続き次の幕をご覧になるお客様は、4階受付にてお切符をお求め下さい。

● 開幕後に一旦外出されますと、お切符は無効となります。途中外出が必要な場合は係員にご連絡下さい。

● 一幕見席用売店はございませんのでご了承下さい。

● 一幕見席から他階(1階〜3階のロビー、売店など)への入場はご遠慮いただいております。もし、お買い物を希望されるお客様は劇場正面受付にご相談下さい。幕間を除きご便宜をはからせていただきます。


幕見の施設案内なんてみたことがなかったので、こんなに色々書いてあるとは知りませんでした。
学生時代はよく通っていましたけれど、最近はだいぶご無沙汰ですねぇ・・・(時間の自由が利かないのが一番の理由かと思います。)
定員製になって入れなくなることが多くなったのもあるかもしれません。でも、寿司詰め状態で全然見えなくて気持ち悪くなるよりいいと思いますが(←経験談)。

というわけで、誰かに「並んでおいて〜」という手も使えなくなったみたいです。
うーん、ますます遠ざかる・・・かも??




TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 12 スクラップ | comments(0) | trackbacks(0)
writeNAO
【スクラップ】平成中村座NY公演2007「時代の仕掛け人」
ちょっと今更感があるのですが(別のものを調べていたらたまたま見つけた)、日経BPのL-Cruiseに今年の平成中村座NY公演関連の記事が掲載されていました。
勘三郎さんのロングインタビュー、舞台裏の記事では扇雀さん、橋之助さんのインタビューが掲載されています。

・「時代の仕掛け人〜中村勘三郎に聞く(前編)」
・「時代の仕掛け人〜中村勘三郎に聞く(後編)」
・「ニューヨーカーも認めた平成中村座NY公演の舞台裏」

順不同ですが勘三郎さんの写真が沢山出ているので、なんとなく雰囲気が伝わりやすい・・・のではないかしら、と。
他の方の舞台写真がないのが残念ですけれど、まぁ勘三郎さんのインタビューだから仕方ないですよね・・・日本でやったのと大きく違うのは法界坊なので、その点、大詰の写真が多いのはいいですよね。

扇雀さんのインタビューで座席の値段のことに触れていらしたのが、次回また公演があれば反映されるといいなぁと思いました。
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 12 スクラップ | comments(0) | trackbacks(0)
writeNAO
【スクラップ】納涼歌舞伎インタビュー二題
産経新聞ENAKより
「八月納涼大歌舞伎」中村勘三郎・坂東三津五郎に聞く
(略)
女房に逃げられたなまけ者の桶屋の弥六(三津五郎)が芸者の幽霊(福助)に惚(ほ)れられる。一緒に暮らし始めた2人が思いついた、幽霊を貸し出す商売が大繁盛するという“笑える怪談”。「8月の公演にぴったりだし、派遣社会の今、幽霊を貸し出すという設定が今日的でおもしろい」と三津五郎は話す。
(略)
大役、政岡については「大変ですが、昔からやりたかった役。ハラにためてる芝居で、日本人しかわからない日本人らしさが必要でしょう」。敵役の仁木も初役で、大奮闘の舞台となる。勘三郎は「8月の歌舞伎座は何かができる場所。稽古(けいこ)が多く取れるし、新しいもの、古典の両方をしっかりやる」と話している。

いつだったかの納涼歌舞伎で野田作品をやったときに勘九郎さん(当時)が、「野田作品を観に来るお客さんに、カッチリとした古典舞踊を見てほしい」というようなことを仰っていた記憶があります。両方しっかりやって、両方観てそれぞれのよさが伝わるといいですよね。


YOMIURI ONLINEより
尼・幽霊・スズメ・下女 福助 初役に挑む
(略)
福助は「今回は、いろんな時代の作者がテーマ。歌舞伎の興行もテーマがしっかりしていないと苦しい。こちらから、どんどん(テーマを)発信して見てもらわないと」と狙いを語る。
(略)
たしかに、今年の納涼歌舞伎はいろんな時代の作者でいろんなタイプの作品ですよね。
コンセプトをしっかりとして多面的な面白さを見せようという意気込みが伝わってくる一言でしたのでご紹介。
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 12 スクラップ | comments(0) | trackbacks(0)
writeNAO
【スクラップ】アメリカ紙の記事
【平成中村座NY公演2007】

もっと色々あると思うのですけれど、ひっかかってきたところだけご紹介。

Back Stage.com→Hokaibo
This is not your grandmother's Kabuki.
(略)

The New York Timesの記事もそんな感じでしたが、この一言になんとなく集約される気がしますね。

Behind the curtain: Kabuki theater→大道具の搬入時と思われる写真が見られます。
TOPへ
参加してます、クリックしてね♪ 応援! ブログ村ランキング | 12 スクラップ | comments(0) | trackbacks(0)
<< / 2/8PAGES / >>

Recommended